クルマに乗っている方ならば承知しているものですが自動車税が課税されます。そして自動車税は、自動車買取の際に普通に還付されるのです。こういったことはちょっと実行してみたらすぐ理解できますがそれでは流れを詳細に案内します。あえて注意書きするならば日本で作られているクルマのみが対象ではなくイタリア車も税が還ってくることになってきます。当然ですが車なども当てはまります。自動車税というのはクルマを所有する人が払わなければいけない税で、この金額は自動車の排気量の大きさにより決定されます。1リッターより低いなら29500円、1リッターより上で1.5リッター以下までだと34500円になります。これ以上は500cc毎に5000円増加していきます。またこの税は4月1日時点の所有者が来年3月までの税額を納める定めとなっています。つまり事前納付になるということですので、当然車を手放して、所有者でなくなった際ではその分の税金は還ってくるのです。この税の場合は事前納付でその年度の自動車税を支払うので、年度内にクルマを買い取ってもらった場合には、入れ替わった保有者がお金の納付義務を負うということです。買い取った相手が専門店でしたら、引き取り時にあなたが払いすぎた金額を返還してくれます。つまり所有者でなくなった瞬間以降の自動車税は権利が移った所有権を持った人が払わなければなりません。もしもあなたが10月に車を買い取ってもらった場合は11月から来年3月までの払った税金は返還されます。というのは繰り返しになりますが自動車税というのは一年分を先に支払っているということからも明らかです。要は、前オーナーは買い取った相手に税金を返金してもらうということなのです。個人で自動車を手放す場合には結構このような重要なことに気づかない方がよくいるので、確認するようにしましょう。自動車税が車を手放すと戻ってくることをほとんど知らない人が多いからと言ってそのことを悪用する買取業者もいるのです。こちらから自動車税の返金について話を切り出さなければ完全に自動車税のことに説明しないという場合もたびたび見られます。そのためクルマの買い取りを依頼する場合は自動車税が返ってくるのかどうかをチェックすることをおろそかにしないようにしましょう。